読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ジンメン】漫画の無料ネタバレ・試し読み(ダウンロード可)

【ジンメン】漫画の無料ネタバレ・試し読み(ダウンロード可)

【ジンメン】1話無料ネタバレ!不気味な動物が誕生!?

ジンメン カトウタカヒロ 漫画 ネタバレ あらすじ ダウンロード 1話 グロ 感想 裏サンデー 無料

【ジンメン】の1話「異変」のネタバレを書いています。2017年は、この漫画がヒットすると言っても過言ではない【ジンメン】は、カトウタカヒロの作品です。

【ジンメン】1話ネタバレ

 

広大な土地で、様々な動物が飼われている「不二サファリワールド」。

定番な動物から、新種までいて、お客さんも大喜び。

かなりの盛り上がりを見せていたのです。


そんななか、

象の檻の前で、飼育員と揉めている青年がいたのです。

名前は、神宮マサト。

そこにいる象は、友達だから会わせてくれと頼んでいたのです。

飼育員からすれば、迷惑な話で困っているようす。

全く言うことを聞いてくれないマサトに戸惑っていると、

一人の飼育員が現れる。

「あー来てくれたか!マサトくん」

「…中田さん!」


中田は、マサトが幼かった頃からの知り合いで、


今回も特別に呼ばれていたのです。


檻のカギを開けてもらい、中へ入っていく。


「今そっちに行ったら危な…」

もう一人の飼育員が止めようとしたところ、


象は、マサトになついていたのです。

彼は、不二サファリワールドの常連で、

園内の誰よりも、動物に好かれている存在。

目の前にいる象「ハナヨ」とも仲がよく、じゃれあっていたのです。


「よし。他も回ろう、マサトくん」

ハナヨと別れ、他の場所へ。

彼がここに来たのは、7年ぶりで、 

雰囲気もだいぶ変わっていたのです。

前よりも騒がしい場所になったなと感じていると、

園長が変わったことを知る。

中田によれば、園長の延田はくせ者のようで、

客には喜ばれるものの、動物たちが人を警戒するようになったと言うのです。

新しく来た園長は、延田と言って、自らをゴリ園長と名乗っている。

あいつが例の…

ゴリと言うよりブタって感じだね…

あくまで部外者なので、関心がない彼ですが、後々
厄介な相手だと分かってくるのです…


園長はさておき、マサトには、やりたい事があったのです。

それは、ヒトミと園内を周りる事。

彼女は、マサトが気になっている女友達で、久々に会いたくなるのです。


さっそく明日、デートに誘おうと思っていると、

中田の顔がこわばる。  

明日は止めた方がいいと断られるのです。


とにかく止めた方がいいと言われたマサトは、何でだろう?と不思議に思っていると、

何やら不気味な空気を感じとる。

にぎわってはいるけど、職員の表情や動物の顔つきが違っていたのです。


次の日、不二サファリワールドの前で、ヒトミと再会。


中田の忠告を聞かずに、来てしまったのです。


彼女の大きくなった胸に興奮しながらも、園内へ入っていく。


入った瞬間から不穏な空気が流れており、ヒトミは不安がる。

それでもマサトに引き連れられて行くと、

動物が全くいないのです。


朝だからいないのかな?
と進んでいくと、猛獣が現れる。

数匹の猛獣は、近くにいた飼育員に飛びかかり、ムシャムシャと食べ始めるのです。


このままではヤバいと思ったマサトは、あわてて中田のところへ向かう。

そのときヒトミは、顔が…顔が…と言いながら、驚いていたのです。


何を言っているのかよく分からなかった彼ですが、

ハナヨの姿を改めて見たとき
、その意味がハッキリするのです。

【ジンメン】の試し読みはコチラ!