【ジンメン】漫画の無料ネタバレ・試し読み(ダウンロード可)

【ジンメン】漫画の無料ネタバレ・試し読み(ダウンロード可)

【ジンメン】3話ネタバレ 脱出したけれど…

【ジンメン】3話「ハナヨ」のネタバレを書いています。ジンメンはスマートフォン対応の対応の漫画。3話目はスリル満点なストーリーになっています!

【ジンメン】3話 漫画ネタバレ 脱出したけれど…

 

ジンメン(1)
➡【ジンメン】の無料立読み 
【ジンメン】と検索(^-^)/
大量のジンメン(人の顔が付いた動物)に追われて、大ピンチのマサトたち。


しかも、出口のシャッターが閉じかけていたので、
抜け出すのが困難。


「マサト、もうダメっ」

「逃げ場なんてどこにも…」



「そうだ!」

何かをひらめいたマサトは、
リヤカーで急斜面を走る。


「いいから」

「乗れ!」

「飛び越えるぞ」


ウソでしょ…?


こんな坂道ムリ!とも言ってられず、猛スピードで走っていくのです。


その勢いで、動物園を脱出!

「ギャアアアア」


宙に舞ったマサトと、ヒトミ、そして中田さん…


運よく、森の茂みに落ちたので、無傷で済んだのです。

しかし、

ジンメンがシャッター越しで笑いながら、

「ハジマル…」

「ハジマル…ヨ」

と、言っていたのです。


なんなの、コイツら…

不気味すぎるジンメンにゾッとする二人。


そそくさと、その場を逃げるのです。


とりあえず一安心のマサトたちは、

意識を失っている中田のために、病院へ向かう。


その途中で、中田が目を覚ますのです。


「中田さん一体どういう事なんだよ!」

「あそこで一体何があったんですか!」


飼育員の彼に、ジンメンの事を聞き出そうと思っていても、なにも知らないようす。


また、顔にアザのような模様が付いていて普通ではなさそうなのです。


とりあえず、目を覚ましたばかりの中田を休ませるため、
近くの家で待機。


その場所で、一匹の小型犬を見つけるのです。


まさか、この犬もジンメン…?


嫌な予感がしているマサトをよそに、

中田は、犬を抱っこ。

「待って!」


慌てて止めようと思っていたら、

普通のワンちゃんだったのです。

「まめ太郎」という名の赤ちゃん犬で、ウルウル目がカワユス(@_@)


まめ太郎は、人懐っこい性格で、3人の癒し的存在。



ギャンギャンと吼えるところもカワイイ、と眺めていると…


「うるせえなー。」

そこには、カモシカのジンメンがいたのです。


容赦なくまめ太郎に噛みついて殺害。

グチャグチャと嫌な音を立てながら、食べているのです。


「まめ太郎、ごめん…」


手も足も出なかった3人は、ショックで茫然(ぼうぜん)。


特に中田は、ジンメンの姿を見たことがあったようで、

全てゴリ園長のしわざだったとわかる。

「やりやがったなっ」

「あのクソブタ野郎!!」


大切なハナヨまでジンメンにさせられていたので、怒りが収まらないのです。


もう俺らでやるしかない…

そんな思いが沸き起こっていたのです。


まめ太郎の死体を葉っぱで覆って、

目的地へ向かう3人。



3人がその場からいなくなった頃、

まめ太郎の死体から、声が聞こえてくるのです…


近くによっていくと


「おぎゃあ」

「おぎゃあ。」


とジンメンになったまめ太郎が泣いていたのです…


あんなに可愛かったまめ太郎が、不気味な姿に(>_<)

漫画【ジンメン】の本編を読む 
サイト内で【ジンメン】と検索(^-^)/


【ジンメン】は、2017年大注目の漫画です!

作者はカトウタカヒロで、スマートフォン、パソコンでの閲覧が可能ですよ。

ジンメンは試し読みができる漫画なので、ぜひ読んでみてください(^_^)